中古車はブラックリストにのっている人でも購入できる

長期延滞をしたり、債務整理をすると、しばらくはブラックリストにのってしまいます。ブラックリストにのってしまう期間は、短くても5年なので、かなり長い間、ローン審査に通らなくなります。自動車を購入するとき、ローン審査に通らないと、分割払いでの購入ができません。新車を一括で購入できるという人もいますが、そのような経済的余裕のある人なら、そもそもブラックリストにのってしまうようなことはないかもしれません。

ブラックリストにのってしまっている多くの人は、新車を一括で購入できるような余裕はないでしょう。自動車を購入するなら、中古車にしておくのが無難です。中古車ならば、50万円以内でもそこそこの車が購入できます。一括で購入をすれば、ローン審査を受ける必要もありません。

中古車販売店によっては、自社ローンが利用できることもあります。70万円の中古車を購入するときに、20万円を頭金として支払い、残りの50万円は自社ローンを組むといった方法がとれます。自社ローンでは、最大で36回くらいの分割払いが限度となりますので、それほど高額なローンは組めません。また、保証料が12%~20%程度かかってくることが多く、ディーラーローンに比べても負担は大きめです。

しかし、ブラックリストにのってしまっている人にとっては、自動車の購入を諦めなくてすむので、ありがたいシステムです。任意整理をした人なら、5年間はローン審査に通りませんので、その間は中古車で我慢するというのがよいでしょう。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.