中古車を選ぶ際には状態を見極める事が大切です

中古車を購入する際、エンジンルーム内や下回りを点検し、試乗を行って車体の状態が良好であるかどうか確認する事が大切です。中古車は新車と異なり、同一車種であっても同じ状態の車体はありません。一台一台、状態が異なるのが中古車の特性です。その為、中古で購入する際には出来る限り、見える範囲で点検を行い試乗をする事が大切です。

まず、エンジンルームではエンジン上部や側面からオイル漏れがないか確認し、オイルフィラーキャップを開けキャップの裏側などにヘドロ状の物体が固着していないか確認する事がポイントとなります。もし、オイル漏れをしている場合、購入時、修理対象となるのか、また、ヘドロ状の物体が固着していた場合はオイル交換があまり行われていない車体である場合がありますので、注意が必要です。次に、ミッションもエンジンと同様にオイル漏れがないかチェックすることがポイントです。ミッションもトラブルが起こると、修理費用が高くなる事が多い為、注意が必要です。

そして、冷却水です。まず、色が濁っていないか確認する事が大切です。濁っていた場合、オイルと同様にメンテナンスがあまりされていない車両であると想定されます。その為、冷却ラインでさびが発生している可能性もある為、避けた方がお勧めです。

最後に、試乗を行い、エンジンから異音が無いか、エアコンが正常に作動するか、異臭はないか、ミッションからの振動や変速ショックがないかを確認し、問題がなければ良好な車体と判断でき、乗り出してからもトラブルに合う可能性が低くなる為、お勧めです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.