現在の中古車のクオリティ

中古という言葉をネガティブな意味で捉えてしまえば、誰かのお下がりだとか、使いまわしだとか、気が引ける印象を受けてしまいます。さらに車ともなれば、自分の人生において欠かせない大事な移動手段です。少なくとも経済的に余裕のある人は、日々進化している最新の出来を追及することでしょう。では、そうではないひとは、ランクの下がった古めかしいものを我慢して使わなければならないのか。

中古車はそういうものなのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。現在、中古車は中古だということを感じさせない機能がたくさん搭載しています。特に鍵が顕著でしょう。

従来の車には個別に手動でドアを開け閉めし、しっかり回してエンジンをかけるタイプが主流でした。それが今や、中古車でさえそのようなタイプは稀で、スイッチ一つで開閉が可能になっています。内部にセンサーが取り付けられていて、ドアに触れただけでセンサーが感知し開け閉めが可能です。エンジンもボタンを押すだけでかかります。

車内にはカーナビやテレビも備わっています。しっかりメンテナンスされていて、そう簡単に壊れることはありません。では、それ以前の、主流ではなくなった中古車の数々はどうなっているのでしょうか。日本の車は先述の通り整備が行き届いていて、さらには定期的な車検も行うため、廃車登録をしたとしてもまだ十分に使えます。

それらは分解され、ごみになるのではなく、海外の、主に途上国などに送られます。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.