中古車の売り上げランキング

中古車の売り上げランキングを見ると、人気が高いのはスズキワゴンRやダイハツムーヴ、ダイハツタントなどの軽自動車やホンダフィットやマツダデミオなどのコンパクトカーと、ホンダステップワゴンや日産セレナ、トヨタヴォクシーなどのミニバン、そしてプリウスやアクアなどのハイブリッドカーです。この中古車の売り上げランキングは、新車の売り上げランキングとほぼ連動しています。新車で人気があるクルマは中古車でも人気があるということです。また新車の販売台数が多いほど中古車市場にも多く供給されることになりますから、必然的に売り上げ台数も伸びることになります。

ところで、中古車の価格は需要と供給のバランスで決まっていきます。需要が大きければ大きいほど高くなるということです。そのために、このようなランキングに上がってくるような人気のあるクルマは、買取価格が高くなります。新車を購入する時点で、将来売却するときのことを意識する人は少ないかもしれませんが、しかし買取価格は後々大きいということを実感することが多いです。

たとえば、新車の販売価格が同じでも、売却価格で50万円の差がつけば、実質上50万円安く購入したのと同じになるからです。また、人気のないクルマは割引を大きくして販売することが多いですが、仮に新車の割引が人気のないクルマと比べると少なかったとしても、将来の買取価格が大きいのであれば、割引が少ないことを気にする必要もなくなります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.