中古車の年式や走行距離はあくまでも目安として考える

中古車を購入する時に、年式や走行距離を重視する人は多いものです。確かに一般の人が車の状態を把握する物差しとして、年式や走行距離といったものは参考になるのですがこれを重視しすぎるというのも問題があります。一般的に10年10万キロを超えると車は寿命だといわれるものですが、実際には整備さえしっかりしていればその倍以上走ることは決して難しいことではありません。このぐらいの時期になってくると消耗部品の交換などが必要となってくる時期だけに、それらの交換にかなりの費用が発生することもありますが、それさえ済んでしまえば再び10年10万キロと走ることは困難なものではないのです。

逆に整備状況が悪ければ、5年5万キロ程度の車であってもすぐにトラブルが発生してしまうことがあるので、年式や走行距離というのは車の状態をはかる上である程度参考にはなってもあくまでも目安にしかならないものとなっているのです。そのため、中古車を選ぶ時には年式や走行距離を参考にすることも重要ではありますが、よく販売店に車の状態を確認して整備状況がどのようなものとなっているのかをしっかりと確認することが重要なポイントとなります。年式や走行距離ばかりを重視しすぎて肝心の整備状況の確認を疎かにしてしまうと、数字的な条件は良くても中身の状態はボロボロの中古車をつかんでしまうことになり、そのような車は得てして割高のものとなってしまうため注意が必要です。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.