中古車を査定に出す前に

中古車を査定してもらい、業者に買い取ってもらった後に、もう少し高く売れたんじゃないだろうか、と思ったことはないでしょうか。そんな後悔をしないように、中古車の査定を依頼する前に、下調べが重要になってきます。というのも、中古車の買い取り査定というのは非常にデリケートなのです。古い車より新しいもの、ミッションよりオートマ、赤や青や黄色や緑より白や黒、といった具合に、前者よりも後者の方が高い値段がつきます。

ただし、クラシックカーなどの一部の車種は例外になります。古いほど希少価値が高かったり、スポーツカーなどはMTの方が断然好まれます。限定色などの場合なら、それを目当てに探している人もいますから一概に原色だから駄目とは言い切れません。このように同じ車種でも少しの違いで評価は上下していくので、事前にネットなどで自分の車のおおよその査定額をチェックしておくことで、極端に低い値段で手放すことが少なくなるはずです。

他にも買い取り査定に影響することがあります。それは業者の都合なのですが、二月や三月に車が売れると言われています。その関係で、店側はピークの前に在庫を仕入れておきたいと考えるわけです。つまり十二月や一月なら、多少は高く買い取ってもらえる可能性があるというわけです。

逆に言えば、どんなに価値のある車だったとしても、何台も抱えているようなら、必然的に価格は抑えられてしまうというわけなのです。その辺りを見極めた上で、車を売るべきなのです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.